よくあるご質問 > ブルーレイディスクフォーマット

ブルーレイディスクフォーマット

ブルーレイディスクにはどのような種類がありますか?

CD やDVDと同様に、ブルーレイディスクメディアには再生専用、追記型、書き換え可能型があります。再生専用ディスクはBD ROMと呼ばれ、通常はハイビジョンフォーマットの映画やテレビ番組の配布に使用されます。追記型ディスクはBD Rと呼ばれ、大容量のデータや映像の保管に使用できます。書き換え可能型ディスクはBD REと呼ばれ、ディスクフォーマットに大容量のデータや映像を繰り返し記録できます。

ブルーレイディスク1枚の容量はどのくらいですか?

ブルーレイディスクの全3タイプには、単層と2層の2種類があります。2層ディスクは、情報を保存するためにディスクの片面に2つの独立層を使用し、単層ディスクと比べて2倍のデータや映像を記録することができます。(詳しくは本サイト「技術情報」をご参照ください。)ディスクを裏返す必要はなく、単層ディスクは25GB、2層ディスクは50GBまで記録できます。

ブルーレイディスク製品でDVDやCDを再生できますか?

DVDやCDの再生はブルーレイディスクフォーマットの要件ではありませんが、現在DVDプレーヤーでCDを再生できるように、今後全てのブルーレイディスク製品でDVDやCDを再生できるようになると思われます。多くの企業がCD、DVDとBDの読み取りを可能にするためにレーザー構成や受信装置の開発を行っています。

ブルーレイディスク製品でDVDやCDを記録できますか?

DVDやCDの記録機能搭載に関しては、各メーカーの選択によります。現在、DVDも記録できるブルーレイディスク製品もあります。今後ほとんどのブルーレイディスクPCドライブがCD、DVDとBDの記録に対応する見込みです。

DVDプレーヤーでブルーレイディスクを再生できますか?

できません。 DVDプレーヤーはディスクの情報を読み取るために赤色レーザーを使用しているので、青色レーザーを使用しているブルーレイディスクの非常に微小なピットには適合しないのです。さらに、DVDビデオプレーヤーにはブルーレイディスクからハイビジョン画像を解読するという先端技術が搭載されていません